会社に自動販売機の設置をお考えの方へ

昔から企業等のオフィスや工場には自動販売機が設置されているものです。
オフィスや工場に自動販売機を設置することで、水分補給やちょっとしたリフレッシュの際にわざわざコンビニエンスストア等へ外出する必要がなく、身近で飲料を購入することが出来ます。
飲料購入できる店舗まで距離がある、また衛生管理上、情報セキュリティ管理上、勤務体制上など様々な就業上の理由で外出がしづらい環境のオフィスには必須と言えるでしょう。

オフィスや工場内に自動販売機の新規設置を検討される方、入替を検討される方から多く寄せられているご相談を紹介致します。

安く販売してもらうことは可能ですか?

はい可能です。
自動販売機で販売されている飲料の価格は、自動販売機設置会社の取り分と設置者への販売手数料(電気代負担相当額含む)から構成されています。
会社に設置を検討されている場合は、社員の福利厚生等を目的とされていることから、販売手数料を受け取らない代わりに、売価を極限まで下げて欲しいというご要望も多く、各自動販売機設置会社とも柔軟に対応しています。
例えば、実費である電気代相当額は受け取りたいけれど、儲けは要らないなどのご要望にも、設置者ごとのニーズに応じた売価を設定致します。

商品補充や空き容器の回収は行っていただけますか?

はい、いずれも自動販売機設置会社の業務です。
定期的に商品補充のため、設置先を訪問させていただき、商品の補充、賞味期限の確認、空き容器の回収など一連の管理業務を行ってくれます。
ですので、設置者は何もする必要はありません。
売切が出た、季節商品を扱って欲しい等の要望は、各設置会社のコールセンターやル定期巡回に来たルートマンへお気軽に相談をしてください。

紙コップの自動販売機も取り扱えますか?

缶・ペットボトルの自動販売機だけではなく、紙コップの自動販売機についても設置可能です。
喫茶店の営業許可が必要となるため、一定の制約はありますが、屋内であれば缶・ペットボトルの自動販売機同様、メンテナンスフリーで設置可能です。
また、最近はカーディーラーや携帯のキャリアショップ等で見かける無料で飲める紙コップ自動販売機も取扱えます。この場合、原価は設置者負担となります。

このページのトップへ