おかげさまで7年目

モバイル広告の会社を比較!

モバイル広告とは?

モバイル広告はインターネット接続の携帯電話をターゲットとするセールスプロモーションのことです。
NTTドコモは1999年2月にiモードサービスを開始しましたが、その直後からネットバンキングや着メロ配信などの有料サービスが多数立ち上げられ、新たなネット広告メディアが誕生しました。
ところが、PCでは主力となっている「検索エンジン連動広告」 のモバイル版はなかなか現われませんでした。
漸く、AUのGoogle導入をきっかけにモバイル検索にも一気に弾みがついてきたところです。
iモードサービスが開始された当初は、携帯の画面が小さいためにインターネット端末としては無理があると思われていましたが、今では逆にPCより広告効果が高いといわれるようになっています。
その理由としては ①小画面なので広告面積比率が大きくなり目立つ ②PCよりメール開封率が高い ③PCよりユーザーの反応が速い ④PCではできない地域配信が可能 などがあげられています。
モバイル広告の急成長に支えられて、モバイルコマースは年率138%(2006年。
物販系の伸び率は168%)で急成長を続けています。

お問合せポータルの無料コンシェルジュサービス

コンシェルジュについてはこちら

廣瀬

廣瀬 自己紹介を見る

モバイル広告 コンシェルジュ

モバイル広告を考えているが何をしていいかわからない。 モバイル広告はどうやって比較すればいいの? どの会社に問合せていいのかわからない。
そんな時は、モバイル広告コンシェルジュにご相談ください。どんな相談にも無料で丁寧にお答えさせていただきます。

電話で相談する時のポイント

お気軽にお電話ください

モバイル広告会社一覧

全ての企業にチェックを入れる

このページのトップへ