ビジネス用語集

連想入力

(カテゴリ:データ入力)

大量のデータ入力に特化したテキストの入力方式のこと。
通常の漢字入力とは異なり、音や形、意味などから連想する二文字を特定の漢字に対応させて入力する。(例:音から「山」→「ヤマ」、形から「社」→ネト、熟語から「須」→「ナス」(那須))。
連想入力では専用の入力端末を使用し、オペレータは訓練により数千のパターンを暗記する。連想入力は、ローマ字入力よりもタッチ数を大幅に減らし、誤変換を防止することから広く採用されている。

ビジネス用語検索

ビジネス用語&カテゴリー検索
カテゴリー別
マーケティング調査・分析テレマーケティング営業・販売人事・研修システムCRM
セキュリティアウトソーシング
索引別

A B C D E F G H I J
K L M N O P Q R S T
U V W X Y Z

お問合せポータルとは

お問合せポータルは法人向け商品やサービスを展開する企業のビジネスに関する様々な悩みの無料相談サイトです。

企業に直接問い合わせると営業をかけられたり、自社の製品ばかりを勧めてきて適切なアドバイスは期待できないことがあります。
「お問合せポータル」が提供するサービスは、企業の事業活動の中にある様々な悩みを気軽に相談できる第三者的なアドバイザーを目指しています。

第三者的なアドバイス

このページのトップへ