ビジネス用語集

OCR入力

(カテゴリ:データ入力)

入力原票をスキャンし、文字部分をOCR処理しテキストデータを作成すること。
OCRとは光学文字認識のことで、原稿の中で文字と思われる箇所を解析し、テキストデータに変換する技術である。
身近な例では郵便物の郵便番号を自動で振り分ける際などに利用されている。しかしまだ手書き文字では読み取りの精度が低く、データ入力全体での実用化には至っていない。また、形の似ている文字(例:漢字の「二」とカタカナの「ニ」など)では誤認識が多く、人間によるチェックが必要不可欠である。

ビジネス用語検索

ビジネス用語&カテゴリー検索

このページのトップへ