ビジネス用語集
 
ビジネス用語&カテゴリ検索

きビジネス用語集

企業イメージ測定法

(カテゴリ: 調査・分析)

企業イメージ測定法とは、CIP(Company Image Profile)法ともいい企業あるいはその商品のブランドから得られるイメージを推測するためのもので、ある決められたイメージを固定的に受け入れ...続きを読む

企業調査

(カテゴリ: 調査・分析)

企業調査とは、Market Research (または Survey) で企業自身のみで実施される場合もあるが、第三者の機関への実態調査の依頼によるものも客観的で効果があり多くみられている。一般のマー...続きを読む

危険率

(カテゴリ: 調査・分析)

危険率とは、Critical Rateといい多数の人や工場での生産品あるいは過去の気象データまたは一般の人の諸情報データなどの数量的な統計的数値を把握して得られた結論が誤っているパーセンテージによる数...続きを読む

基準変数

(カテゴリ: 調査・分析)

基準変数とは、結果として扱いたい変数のことをいい、従属変数とも呼ぶ。対して原因となる変数のことを説明変数と呼び、二つの関係は「原因と結果」のように考えられることが多い。回帰分析で、ある1個の変数の予測...続きを読む

寄与率

(カテゴリ: き)

寄与率とは、ある内容の変化分の、全体の変化分に対する構成割合のことをいい、また、ある内容の寄与度が全体の伸び率に占める割合のことを指す。統計数値の時系列において、特定の内容の変化が全体の変化に対してど...続きを読む

機縁法 (きえんほう)

(カテゴリ: 調査・分析)

 機縁法とは、ある調査のテーマに合った特定の調査対象者を設定・招集するために、調査員の対人ルートや関係者の縁故関係などから標本を選ぶ方法のこと。  メリットとしては、関係者からのルートのため、時間が...続きを読む

機器観察法 (ききかんさつほう)

(カテゴリ: 調査・分析)

機器観察法とは、観察するための装置や機器を使って行うもの全体のことを指す。代表的なもので、テレビの視聴者率を調べる際に使われる、テレビ視聴率メータを取り付けたテレビで視聴時間を観察するといったものがあ...続きを読む

帰無仮説  (きむかせつ)

(カテゴリ: 調査・分析)

帰無仮説とは、ある理論を研究する際に、予想される事実を証明するために調査、または実験をしてデータを収集していき、この段階でできた仮説に対して、反する意見・否定的な仮説のことを帰無仮説という。帰無仮説が...続きを読む

規準化・正規化

(カテゴリ: 調査・分析)

規準化・正規化とは、確率計算をする際に、平均が0、標準偏差が1になるようにデータを変換・数値化する作業のことを意味する。株式で考えた場合は、過去の株価の上昇率を規準化し、業界の平均から見て、上昇率と標...続きを読む

キュー

(カテゴリ: テレマーケティング)

キューとは、待ち行列とも言われ、対応しきれない顧客からのコールをACDが自動的に保留にすることである。待ち時間の長い顧客から順番に、手の空いたオペレーターへと繋げられるようになっている。また、回線が混...続きを読む

1  2  3  4  5
カテゴリー別
マーケティング調査・分析テレマーケティング営業・販売人事・研修システムCRMデータ入力
セキュリティアウトソーシング
索引別

A B C D E F G H I J
K L M N O P Q R S T
U V W X Y Z

このページのトップへ