おかげさまで12年目

インポート用データ作成業務とは

インポート用データ作成業務とは、新しいシステムを導入する際に、紙媒体や旧システムで管理していた情報を新しいシステムで取り込めるよう、適したフォーマットでパラメータデータを作成する業務です。
基幹システム、顧客管理システム、社員管理システム、電子カルテ管理などあらゆるシステムを導入・移行する際に必要となる作業ですが、社内リソースだけで対応すると時間的な制約やミスなどで、スムーズな導入・移行の妨げになります。
専門の外部サービスを使うことで、円滑に新システム導入・移行が可能となります。

こんな課題に対応します

・人事情報をシステムに読み込ませるためのデータ作成業務をスムーズに行いたい
・自社で開発、販売しているシステムを顧客に販売するにあたり、移行用データ作りも依頼されたが、リソース不足で対応出来ない
・会計ソフトに大量の仕訳情報を登録するために、CSVデータを作成したい

見積りを取りたい時に準備をしておくと良い情報

・どのようなシステムに登録するインポートデータか
・インポート用データの規則、形式(フォーマットや拡張子)
・ボリューム
・納品形式
・納品時期
・入力元情報の受け渡しについて
・作業後の入力元情報の返却について


お気軽にお電話ください

このページのトップへ