ビジネス用語集
 
ビジネス用語&カテゴリ検索

すビジネス用語集

数量化第III類

(カテゴリ: 調査・分析)

数量化第3類とは、分析要素が量的に表せない場合に、質的データについての特徴や類似性を分析する手法のひとつである。新しいことを予想するのではなく、複数の要素を持つデータ群から、類似しているものがどこにあ...続きを読む

数量化第II類

(カテゴリ: 調査・分析)

数量化第2類とは、判別の要素が量的に表せない場合に、過去のデータをグループの特徴に結びつけて、新しく得られたデータがどのグループに位置するかを判別する際に使用される手法のことである。しかし、あくまでこ...続きを読む

数量化第IV類

(カテゴリ: 調査・分析)

数量化第4類とは、主成分分析で得られたデータを元に、対象に数量を与える手法である。各データを座標上や数直線などで表し、そうすることで対象のグループ分けや特徴が見えてくるといわれている。任意の基準で類似...続きを読む

数量化第I類

(カテゴリ: 調査・分析)

数量化第1類とは、説明変数が質的データである場合、過去のデータを元に未来を予測する統計的手法のひとつである。2つ以上の説明変数を用いて、量的データ間の影響性を分析し、目的変数(原因変化時の結果)を予測...続きを読む

数量化理論

(カテゴリ: 調査・分析)

数量化理論とは、日本独自のデータ分析法で、量的データではなく質的データを分析するために用いる分析手法群のことである。数量化理論には?T類~?Y類まであるが、現在主に使用されているのは?T類~?W類まで...続きを読む

スーパーバイザー

(カテゴリ: テレマーケティング)

スーパーバイザーとは、テレマーケティングにおいて、オペレーターのマネジメントを実施し、コンタクトセンターの運営・管理をする人のことである。オペレーターに対して、コーチング、モニタリングを行い、緊急時の...続きを読む

スキルベースルーティング

(カテゴリ: テレマーケティング)

スキルベースルーティングとは、ACDの機能のひとつで、顧客からかかってきた電話を、顧客のニーズに合った、ふさわしい部署と、ふさわしいスキルを持っているオペレーターへ振り分ける機能のことである。IVR(...続きを読む

スクリーンポップ

(カテゴリ: テレマーケティング)

スクリーンポップとは、顧客からの電話に応答する前に、オペレーターの端末画面に顧客の関連情報を表示することである。顧客の履歴や分野、商品、サービス、苦情処理の方法など、オペレーターが対応するのに必要な情...続きを読む

スクリプト

(カテゴリ: テレマーケティング)

スクリプトとは、オペレーターが顧客と対話するための基本的な流れを記した対話台本のことである。 これを活用することによって、電話対応の効率化、平準化を図ることが可能になる。 スクリプトはあらかじめ話す...続きを読む

垂直的競争

(カテゴリ: ビジネス用語)

垂直的競争とは、企業間競争の分類の一つであり、生産や流通の異なる段階にあるものの間で行われる競争のことである。 具体的には、原材料を供給することを本業とする企業が川下の組み立て業に乗り出したり、製造...続きを読む

1  2  3
カテゴリー別
マーケティング調査・分析テレマーケティング営業・販売人事・研修システムCRMデータ入力
セキュリティアウトソーシング
索引別

A B C D E F G H I J
K L M N O P Q R S T
U V W X Y Z

このページのトップへ