>ビジネスコンシェルジュコラム

最新コラム記事

「No.1調査」ウェブサイトや広告に利用出来る調査会社まとめ

(2019年02月06日 リサーチ)

「地域No.1」、「満足度No.1」...◯◯会社調べ という広告表記をよく目にすると思います。このような表記を行うための調査を行える会社をまとめました。 どのような"No.1"の表記をするかによって、調査手法が異なります。また、各調査会社にも諸条件がありますので、確認しながら依頼をしてみましょう。 目次 ・No.1表記について ・No.1調査会社一覧  1.株式会社ESP総研  1.株式会社ジャストシステム  2.株式会社ロイヤリティマーケティング  3.株式会社TFCO  4.株式会社ITコア ・対応出来る調査会社はそんなに多くないの? No.1表記について 各種製品...続きを読む

グループインタビュー(FGI)会社まとめ【費用比較ならこの6社】

(2019年02月04日 リサーチ)

定量的な調査だけでは分からない消費者やユーザーの思考を探るためにグループインタビューはよく利用されています。 定量調査と異なり、小さいサンプルサイズであるために費用感やどのグループインタビュー会社に見積り依頼をしておくべきなのか把握しておく必要があります。 目次 ・グループインタビューとは ・グループインタビューの利用目的 ・グループインタビュー会社一覧  1.株式会社アスマーク  2.株式会社クロス・マーケティング  3.株式会社ネオマーケティング  4.楽天インサイト株式会社  5.NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社  6.株式会社レアソン ・グルー...続きを読む

業界調査・競合調査会社7社まとめ【国内も海外も】

(2019年01月30日 リサーチ)

市場の動向や需要、プレイヤー企業を把握するために、市場調査会社選びは重要です。 数多くある市場調査会社の中でも、業界や企業を対象に調査を行える会社をピックアップしました。 デスクリサーチ(文献調査)や調査員ネットワークや有識者を使ったインタビュー調査などを依頼することが可能です。 目次 ・どんな業界調査・競合調査が可能? ・業界調査・競合調査会社一覧  1.株式会社工業市場研究所  2.TFCO株式会社  3.株式会社ITコア  4.株式会社セルウェル  5.株式会社YCPJapan  6.株式会社アンテナ  7.プルーヴ株式会社 ・調査に掛かる期間はどのぐらい? ・調査費用はどの...続きを読む

委託先選びコールセンター6社!24時間365日対応可能会社まとめ

(2019年01月29日 コールセンター)

コールセンター会社の選定を行ううえで、重要となるのは業務を対応してくれる「曜日」、「時間」です。 いかに費用が安くとも希望する時間に電話対応できなければ意味がありません。 ここでは24時間365日対応出来るコールセンター会社を紹介しています。 「スタートアップだけれども・・・」、「受電件数は少ないけども・・・」など、どうしても24時間365日対応が必要な場合には、マルチ対応(シェアード対応)も可能な会社から見積りを取ると委託先の選定についても効率的でしょう。 目次 ・24時間365日対応のコールセンターって? ・コールセンター会社一覧  1.株式会社ベルウェール渋谷  2.株式会社...続きを読む

【厳選】海外ネットリサーチ7社!外国人にアンケート調査が出来るリサーチ会社情報をまとめてみました

(2019年01月24日 リサーチ)

海外ネットリサーチについて  世界各国の一般消費者を対象にしたネットリサーチが出来るサービスです。国内の一般消費者を対象にしたネットリサーチサービスは多数ありますが、海外居住者や外国人など国籍を指定するとなると、多くの海外調査パネルを抱えている企業かつ、外国人でも回答出来るアンケートシステムを提供出来る事が必要になります。 目次  1.GMOリサーチ株式会社  2.株式会社クロス・マーケティング  3.NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社  4.株式会社ネオマーケティング  5.株式会社アスマーク  6.Syno Japan株式会社  7.株式会社レアソン...続きを読む

注目!最近の若いヤツ対策(社内コミュニケーションあるある)

(2018年09月20日 お問合せポータル 廣瀬)

最近の若いヤツは... 30代半ば以降...社会人ベテランの方は、新入社員や若手社員のことを「最近の若いヤツ」と何かにつけて否定的な見解を示すことが多いようです。 若いヤツは使えない ・我慢を知らない ・積極性がない ・貪欲さがない 挙げ句には... 若いヤツの考えていることはよく分からない。 さて...では若いヤツは若くないヤツ(ベテラン)をよく分かっているのでしょうか。 間違いなく分かっていません。 スマホやSNSで簡単にコミュニケーションが取れる時代に学生生活を送り、モノやサービスに恵まれた時代に育った若いヤツたち。 そんな分からないヤツら同士、相反する人と人がある日を境に上司(先輩)...続きを読む

"あらゆる課題"を解決するプログラム ハーバード大学人気リーダーシップ講座 

(2018年08月02日 株式会社ノビテク)

ハーバード大学院のハイフェッツ教授は、「10年連続ハーバード大学院生が選ぶNo.1授業」に選ばれるほどのリーダーシップ分野で米国トップの権威です。 この講座では、各参加者が自身の課題を題材として、フレームワークを活用し、課題解決をしていくための解決策とアクションプランを作成していきます。 リーダーシップの発揮が強く望まれている今、さまざまな問題に対応できる「アダプティブリーダーシップ」はすぐに活用できるツールです。 新しいツールをお探しの方、より実践的なリーダーシップを習得したい方にお勧めです。 リーダーシップは生まれつきの素質ではありません。学ぶことで身につくスキルです。 ロナルド・ハイフ...続きを読む

新規事業成長の秘密。最強の営業力+仕組み。本「リクルートのすごい構創力」から

(2018年06月29日 株式会社ランドスケイプ)

日々その名を聞かない日は無い企業「リクルート」。 そのリクルートのイノベーションを生み出し新規事業を創出、維持、成長させる手法は、見事に体系化され、根付いています。 本書では、"リクルートだから出来るんだろう!"という誤解の払拭から始まり、一般の企業に落とし込み使いこなす為の解説が丁寧に書かれています。 著者は、ボストン コンサルティング グループ日本代表の杉田浩章氏。 氏が、経営コンサルタントとして関わってきたリクルート社の新規事業創造の手法「構"創"力」の秘密を解き明かしてくれます。 1.リクルートのビジネスモデル「リボンモデル」とは? リクルートの最大の強み「リボンモデル」とは、自社だ...続きを読む

BtoB企業のセミナー運営。外してはいけない「7つ」の要素とは?

(2018年06月14日 株式会社ランドスケイプ)

当社/ランドスケイプでは、既存のお客様ならびに見込状態の事業会社に向けてセミナーを企画し、運営しています。 皆さまの会社ではマーケティング活動の一環としてセミナーを展開していますか? もし、展開しているならば、ご一緒に「良いセミナーとは何なのか?」「良いセミナーを運営するには何が必要なのか?」について考えてみませんか? 1.セミナーから成果がでない! その「原因」は? さて、今回のテーマ「セミナー」を考察するうえで、ぜひ参考にしたい書籍があります。 それが「顧客を獲得できるセミナーづくり7つの法則」(野津浩嗣氏)です。 セミナーを運営している会社の悩みのひとつが「セミナーから成果がでない!」...続きを読む

プラットフォーム事業戦略とは?本「プラットフォームの教科書」から学ぶ

(2018年06月04日 株式会社ランドスケイプ)

プラットフォームを展開している事業会社にとっての課題のひとつが「マネタイズ」です。 すなわち、どのようにユーザー数を増やして、どのように利益/キャッシュを生んでいく構造にしていくか? という戦略の策定と戦術の展開です。 このプラットフォームの戦略策定と事業の展開方法を考察するにあたっては、やはり「プラットフォームとは何なのか?」という基本的な内容を押さえておく必要があります。 そこでお薦めしたい本が、早稲田ビジネススクール教授 根来龍之氏が執筆した本「プラットフォームの教科書」です。 ここでは、本「プラットフォームの教科書」を引用しながら、プラットフォームが発展する原因/要素について考えてい...続きを読む

前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

このページのトップへ